「信託保全」は、FXの安全弁と言っても

FXとは、個人では面倒な外貨の売買を

FX会社に依頼できるから成り立つ投資システムです。

 

ですからネット上から、ご自分が口座を開設している

FX会社に自分のトレード額に見合ったお金を

証拠金として預けて置いて、売買の依頼をしていきます。

 

そしてFX会社としては、

国の認可を得て外貨の売買をしているのですが、

会社である以上経営が旨くいっているとは限らないのです。

 

でももしその会社が倒産したときに

お客から預かっている証拠金を保護する安全弁として

「信託保全」システムがあります。

 

信託保全とは、FX会社として預かったお金を

別の信託銀行に預けておいて、

倒産したときに返済にあてられるものです。

 

でもFXをするには信頼のおける

FX会社を選んでいかないと心配ですから、

経営状態の良い会社を優先して選んでいくのが、

上手なFX会社選びと言えるのです。