こんなトレード手法、ゴトー日トレード!

値動きがハードな場合、
つまり銀行がどんどん
ドルを買ってもそれを
上回る動きがある場合を除いてですが、

 

こんなトレード手法もあるようです。

 

実はゴトー日、
つまり毎月の5日、10日~30日、
5の倍数に当たる日は
日本の実需筋である本邦実需筋による
海外送金が実施されます。

 

要はこれが仲値で決済されるわけですから、
これがわかるまではドルが円から
上昇する気配が高くなります。

 

銀行は常にしっかりしてますね、
仲値でドルを売って稼ぐわけです。

 

この値段が決定する当たりに
決済するのがポイントです。

 

やはりスワップ狙いでロングとか、
資産の面倒を見ながら楽なトレードができる、
というわけです。

 

昔、船舶会社でプログラマーを
やっていた頃の記憶が役に立ってます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です