こんなトレード手法、ゴトー日トレード!

値動きがハードな場合、
つまり銀行がどんどん
ドルを買ってもそれを
上回る動きがある場合を除いてですが、

 

こんなトレード手法もあるようです。

 

実はゴトー日、
つまり毎月の5日、10日~30日、
5の倍数に当たる日は
日本の実需筋である本邦実需筋による
海外送金が実施されます。

 

要はこれが仲値で決済されるわけですから、
これがわかるまではドルが円から
上昇する気配が高くなります。

 

銀行は常にしっかりしてますね、
仲値でドルを売って稼ぐわけです。

 

この値段が決定する当たりに
決済するのがポイントです。

 

やはりスワップ狙いでロングとか、
資産の面倒を見ながら楽なトレードができる、
というわけです。

 

昔、船舶会社でプログラマーを
やっていた頃の記憶が役に立ってます。

 

休日のfx考

fxって儲かるよ、
などと実際に対面で話を聞いたり、
ネットでも儲かる人の情報が
たくさん出てきますよね。

 

こういった環境にいる人が
fx始めて損するんだよ、
なんて意見もありますが、
まったく情報が無いという人も
いるみたいです。

 

結論から言えば
fxに限ってはこのように
縁があるから、というレベルでは
始めないことです。

 

難しい世界に挑戦する意識が
全く無くて始める人もいるんですよね。

 

このようなものがfxに対する
一般的な感覚なのかなって思います。

 

始めから怖いからやらない、
という人もいれば、
余剰資金が潤沢であれば、
でも、潤沢であれば、
使い道が無いのと同じであれば、
やらないかも、、

 

なかなか難しいですが、
トレードは楽な道では決してないですよね。

世界経済への関心が強くなるFX

FXは、そんなに深く考えないで
趣味と考えて自由に楽しみながら、
やっていこうと思った私です。

 

でも最近は本当に良くニュースを
見るようになってきているのです。

 

株価や為替レートの変化は、
ニュースでは必ず入ってきますよね。

 

そして上下する株価の要因も解説されているのです。

 

「アメリカの韓国の両大統領が会談があったから、
今日の株価50円アップ」なんて言うニュースを見て、
今後のアメリカと韓国との関係などが気になってきているのです。

 

だから、FXをやり始めて世界情勢に詳しくなった感じです。

 

仕事帰りにお酒を飲んでいて
「アメリカがなんとか」なんて話が
私の口から出るものだから、

 

上司からは、「お前も変わってきたな」なんて、
妙に褒められたりしているのです。

 

FXは私にとって勉強になる趣味のようです。