原油相場はどうなる?OPEC8年ぶりの減産合意!

12月最初の日の相場を動かしたのが、OPEC総会における8年ぶりの減産合意でした。 今回の協議で引っかかりがあったのが、イランの取り扱い。

イランは折角経済制裁が解除されたから勢いをつけたかったのか、減産免除を求めていました。この申し出に「ちょっと待て!」となったのが、サウジアラビア。一体どうなってしまうのかと総会前には不透明感が漂い、市場もおぼつかない様子。

でもいざ総会が始まるとサウジアラビア側が譲歩したような形となり、減産合意へとつなげました。 おかげで原油価格は大フィーバー。1バレル45.5$から50$台手前まで一気に上昇!ドル高円安が一気に進み、NY株をも押し上げました。今後市場を読み解く上で、原油価格が占める割合は大きくなるでしょう。果たしてどうなるか…。

原油価格とFX相場の相関性に関してチャートで比較しているサイトがありましたので今の時期確認しておいて損はないとおもいますよ!→http://fxtrend.jp/column-fundamental-oil.html

迷子の日本株!気になるのはやはり…

NY株が反発したことで、

日経株価にも買戻しが広がりました。

 

ただ方向感に欠ける展開となり、

最終的には1万6,729.04円で取引終了。

なんとも微妙な感じとなりましたね。

 

でもドル円は株価反発の動きを受けて、

101.5円から102円台へつける場面も見られました。

 

だけど102円より上がることはなく、

上値を抑えつけられた展開です。

 

やはり引っかかっているのが、

来週に予定されている日米の金融政策会合。

 

色んな情報が錯綜しているので、

利上げや追加があるかないかはかなり微妙です。

 

さて欧州時間です。

 

イギリスやドイツの、

消費者物価指数の発表が控えています。

 

結果次第にはなりますが、

大きな材料になるので要チェック!

 

またアメリカの利上げ動向にも、

目を光らせておきたいものです。

無計画な長期保有はやめよう

スワップ運用をして長期保有するのであれば、

計画性を持った取引をしていかないと

大けがを負うことになります。

 

例えばスワップ運用で、

ナンピン買いを続けていた場合、

買い続ければいつかは値が戻っていくだろうと考えていたとします。

 

しかし、買い続けられなくなってしまった、

ナンピン買いができなくなってしまうまで値が落ちてしまったとしたら、

いつかロスカットをくらい大きな損失を被ることになります。

 

大きな損失どころか急激に値が動いたとしたら

追証を求められることもあるでしょう。

 

長期保有のスワップ狙いの取引をしていくのであれば、

何円まで値が下がるであろうと予想して、

それだけの資金を用意しておく必要があります。

 

スワップで利益を得ようとしているのであれば、

計画性を持ちましょう。

 

またスワップ運用は、

政策金利の変更により、

プラスだったスワップがマイナスになるという危険性も含んでいますので、

スワップ運用をするのであれば金利の逆転がない外国為替ペアを選びましょう。

 

「信託保全」は、FXの安全弁と言っても

FXとは、個人では面倒な外貨の売買を

FX会社に依頼できるから成り立つ投資システムです。

 

ですからネット上から、ご自分が口座を開設している

FX会社に自分のトレード額に見合ったお金を

証拠金として預けて置いて、売買の依頼をしていきます。

 

そしてFX会社としては、

国の認可を得て外貨の売買をしているのですが、

会社である以上経営が旨くいっているとは限らないのです。

 

でももしその会社が倒産したときに

お客から預かっている証拠金を保護する安全弁として

「信託保全」システムがあります。

 

信託保全とは、FX会社として預かったお金を

別の信託銀行に預けておいて、

倒産したときに返済にあてられるものです。

 

でもFXをするには信頼のおける

FX会社を選んでいかないと心配ですから、

経営状態の良い会社を優先して選んでいくのが、

上手なFX会社選びと言えるのです。

 

FXデモトレードで学べるもの

デモトレードは、FXに慣れていくために行っていくものです。

 

面白いもので、プレッシャーが掛かってないので、

冷静な気分でできるのです。

 

実際にお金を動かしていくとなると、

弱気になってしまって、

判断力が鈍るのが、本チャンのトレードですから、

FXのノウハウを確実に掴んでいけるのが、

FXトレードと言えそうです。

 

勿論練習のデモトレードと本チャンは違っていても、

気軽にやっていくと意外と良い考えが湧いてくるものです。

 

そしてその感覚を掴むのもデモトレードでの収穫になるかも知れません。

 

デモトレードでは、

どうしても勝ちたいという気持ちが出てきませんから、

むしろ客観的な判断力が働きます。

 

だからその感覚がデモトレードから得られるもので、

考える力を養えるのがメリットです。

本チャンのときに思い出せば役にたつのです。

 

アクション先行型

チャートを一瞥、なるほど、
下がって上がる気配だな、
と売りから入ってポジション反転を狙ったのですが、

 

見事に急上昇、そのまま損切りして
買いに転換したのですが、
今度は上がらずに下降しだす始末です。

 

アクション先行型というか、
待っていればよかっただけ、
40pipsを損してしまいました。

 

前にもあった間違いですが、
ブランクが長いとついつい踏み込んでしまうのは情けない。

 

気を取り直して欧州時間から売りのチャンス、
迷わずエントリーしたらもみ合いを通貨して下げる一方、
疲れてきたので決済しておきました。

 

スキャル、デイトレともに調子は今一です。

 

東北は雨が続いてますね、豪雨も、
大変そうなテレビのニュースでも見ていたほうがいいかも。

 

アナザー・ウェイについて

アナザー・ウェイという用語が
FXにはあります。

 

このアナザー・ウェイとは、
売値と買値が全く同一になる
という状態でスプレッド差が
まったくなくなります。

 

スプレッドが全く無い状態ですので、
新規注文時に普段では、
注文が約定したときには
含み損が出てしまう状態ですが、

 

このアナザー・ウェイの状態の時には
含み損が全くなくなります。

 

この状態はFXトレーダーが普段実感することはできません。

 

トレーダーはFX業者を介しての
取引になりますので必ずスプレッドが
発生している状態での取引となります。

 

ですので、トレーダーがこの
アナザー・ウェイを感じることがありませんが、
最近のFX業者の頑張りによりスプレッドは
かなり狭い環境が整ってきていますので、
アナザー・ウェイに近い状態ではあるといえます。

 

FX業者が別の収入源を見つけることができたのであれば、
いつか、このアナザー・ウェイでの取引が
FXでできるようになるかもしれませんね。

 

こんなトレード手法、ゴトー日トレード!

値動きがハードな場合、
つまり銀行がどんどん
ドルを買ってもそれを
上回る動きがある場合を除いてですが、

 

こんなトレード手法もあるようです。

 

実はゴトー日、
つまり毎月の5日、10日~30日、
5の倍数に当たる日は
日本の実需筋である本邦実需筋による
海外送金が実施されます。

 

要はこれが仲値で決済されるわけですから、
これがわかるまではドルが円から
上昇する気配が高くなります。

 

銀行は常にしっかりしてますね、
仲値でドルを売って稼ぐわけです。

 

この値段が決定する当たりに
決済するのがポイントです。

 

やはりスワップ狙いでロングとか、
資産の面倒を見ながら楽なトレードができる、
というわけです。

 

昔、船舶会社でプログラマーを
やっていた頃の記憶が役に立ってます。

 

休日のfx考

fxって儲かるよ、
などと実際に対面で話を聞いたり、
ネットでも儲かる人の情報が
たくさん出てきますよね。

 

こういった環境にいる人が
fx始めて損するんだよ、
なんて意見もありますが、
まったく情報が無いという人も
いるみたいです。

 

結論から言えば
fxに限ってはこのように
縁があるから、というレベルでは
始めないことです。

 

難しい世界に挑戦する意識が
全く無くて始める人もいるんですよね。

 

このようなものがfxに対する
一般的な感覚なのかなって思います。

 

始めから怖いからやらない、
という人もいれば、
余剰資金が潤沢であれば、
でも、潤沢であれば、
使い道が無いのと同じであれば、
やらないかも、、

 

なかなか難しいですが、
トレードは楽な道では決してないですよね。

世界経済への関心が強くなるFX

FXは、そんなに深く考えないで
趣味と考えて自由に楽しみながら、
やっていこうと思った私です。

 

でも最近は本当に良くニュースを
見るようになってきているのです。

 

株価や為替レートの変化は、
ニュースでは必ず入ってきますよね。

 

そして上下する株価の要因も解説されているのです。

 

「アメリカの韓国の両大統領が会談があったから、
今日の株価50円アップ」なんて言うニュースを見て、
今後のアメリカと韓国との関係などが気になってきているのです。

 

だから、FXをやり始めて世界情勢に詳しくなった感じです。

 

仕事帰りにお酒を飲んでいて
「アメリカがなんとか」なんて話が
私の口から出るものだから、

 

上司からは、「お前も変わってきたな」なんて、
妙に褒められたりしているのです。

 

FXは私にとって勉強になる趣味のようです。